2011年08月26日

 プリ管

 
JMP2203のプリ管を吟味してみた。
大まかな部分はこちら
(^m^ プッ 手抜きぃ〜
 
  
以下補足。

トップ、インバータはチャイナのまま、2段目だけ変えてみた。

チャイナ:
モダンハイゲイン…くらいな印象になる。
ゲイン自体も勿論あるんだけど、音色的にパリパリと高音が出てるんで、
余計に歪み感がある。
タウや雷々軒ならともかく、ターバインズにはこのくらいの方が合う。

ムラードリイシュー:
チャイナに比べて重心がグッと下がる感じ。
ゲイン自体はチャイナと変わらないんだけど、
重心が下がってハイが大人しく感じるため、歪みも若干大人しめ。
ボグナーやCAE OD-100等の音が好きな人にはうってつけかもね。

ムラードボックスアノード:
カッチリタイトな音色。
個人的には、暴れないから物足りない。
高信頼、長寿命管なので、お仕事サポートとかには良いかもね。
ツアーに持って出ても、しばらくは交換しなくて済む。

ヴィンテージムラード:
個人的にはすごく好きな音なんだけど、
ターバインズって事を考えるとイナタ過ぎ。
ゲインも弱いしね。

ブライマー:
ヴィンテージムラードをもうちょっと新しめにした感じ。
これもターバインズには合わないね。



今までなら絶対やらないチャイナ3本が、今回は一番しっくり来た。
ホント、やる音楽で変わるから、試してみないと分からないもんだよね。
4穴だとパリパリ下品なハイが出ちゃうチャイナだけど、
ゲインフルで更に歪み物でゲイン突っ込む使い方だと、
そのパリパリが輪郭を保つのに貢献してくれて、いわゆる「潰れ」
が無くて良い。


動画も撮ってみたんで、明日の晩遅く自宅に帰ってから編集して
アップ予定!\(^o^)/
 
Posted by  Sam  at 20:07  | Comment ( 4 ) | TrackBack ( 0 ) | 真空管関係
この記事へのコメント
私も最近チャイナですよ。

スプラの1,2段にムラード入れてみたたらクランチがモッサリしちゃって…
まぁ、この手のアンプはチャイナなんでしょうけども…(; ̄ゝ ̄)
ムラードは4ケツ専用かなぁ…
Posted by  jacky~  at 2011年08月27日 09:29
◆jacky~さん
うん、ケースバイケースだぁね。(^ ^
JCM800ですら良い球載せてもあんまり意味を感じなくなって来たし、ましてやSplawn等最近のアンプならチャイナ載せときゃ十分でしょ!って感じよね。
ボグナー然り。
あ、あれもそうだったよ、Bad Cat。
ムラードリイシューですら「意味ねぇ〜!」な感じ。

とか言いつつ、P-to-PのJMPですらプリ管オールチャイナにしたくらいだもん、やっぱやるジャンルってのも大きいね。
モダンハイゲインにヴィンテージ球は似合わないんだよ。
(^ ^;
Posted by  Sam@管理人  at 2011年08月27日 22:34
うははは、
OD-100の球 全部テレフンケン スムースプレート ダイヤにしてみました。

Posted by  うし  at 2011年08月28日 11:51
◆うしさん
うはは!(^o^;
どうっすか?ちゃんとスムースの意味出てます?
ボグナーとOD-100じゃきっと違うでしょうから何とも言えませんが、確実にボグナーは球を吟味してみる意味がありませんね。
「何でも良いから活きてる球が載ってりゃ良い」
ってレベルです。┐(´ー`)┌

ちゅか、そんなダイヤのスムース持ってる所がスゴい!
(^o^;;;
Posted by  Sam@管理人  at 2011年08月28日 15:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

Eメールアドレス: 

ホームページアドレス: 

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を「半角」で入力してください。

   
この記事へのトラックバックURL:
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47566718

※管理者が承認したトラックバックのみ表示されます。


この記事へのトラックバック: