2011年06月06日

 やっちまった…その後

 
3chOD、届いたぁ〜!ヽ(´▽`)ノ
 
  
3chOD+DCケーブル

ソケット化してある部分が焼けただけだったので、
ハンダすらする必要なし…で戻って来ました。(^o^

今ウチにあるのとはまた違うDCケーブルも3種類4本同梱。

水曜のリハでは、3chOD vs. OD Ltd. +EPブースト、
どっちの歪みがよりターバインズに合ってるか、
OD用にDCケーブル6種類ある内、
どれがトリオバンドの音場に合ってるか…
等々、いろいろ試せそうですねぇ。\(^o^)/

無理にピッキングこじって足りない帯域を出そうとしたり、
ブレイクって程じゃないちょっとした休符の時にハウったりがないと、
頭使わなくても指が動いてくれるし、何よりコーラスにも専念出来る。

スタジオのJCM800を使ってた時は、とにかくマトモなトーンを出そうと
ピッキングをこじりまくったんで、コーラスどころの騒ぎじゃ
なかったもんね。
しかもブーミーでモケた邪魔な帯域だけは一端に出てたし…┐(´ー`)┌
自分のアンプ持ってった途端、豊かに鳴ってるけどムダな帯域は出ないから
ボーカルも自分のコーラスもスゴく良く聴こえたし、
音が良いからプレイのモチベーションも上がった。

こういう、1個1個は微々たる違い…
…一般の方には違いに感じられない程度のホントに微細な違い、
でも、目的意識を持ってる人間には大きな違い…
の積み重ねが最終的にスゴく大事になって来る、と。
ウチらの言う「拘る」…ってそういう事なんだよね。(^ ^
 
Posted by  Sam  at 16:28  | Comment ( 4 ) | TrackBack ( 0 ) | 電源周り系
この記事へのコメント
あっ何かスイッチが付いてるっwww

OD LTDも良いっすよねwギターのコントロールで如何様にでもなりますし!!
あの表情の変え方は武器ですよ〜!!
Posted by  シュウ  at 2011年06月07日 02:25
◆シュウさん
>あっ何かスイッチが付いてるっwww

あ、そこ、触れないでおいたのに…
面倒な問い合わせが入ると…と思って。(^m^

OD Ltd.は、やっぱアンプの方が結構歪んでないとゲインが足りない感があるんですよねぇ。
まぁ、だからあの手元の反応なんでしょうけど…
どのくらいの歪みが必要か、人によって違うんでしょうけど、アタシゃJCMと合わせた時の歪み具合が好きですねぇ。
(^ ^
Posted by  Sam@管理人  at 2011年06月07日 12:56
>あ、そこ、触れないでおいたのに…
面倒な問い合わせが入ると…と思って。(^m

しーませーんw折角お気遣いいただいていたのに…汗

よくアンプの歪みプラスだったら幾らでも良いエヘクタが在るって言われるじゃないですか〜?
確かにそうなんだけど、それでもやはり別格だとおもうんですよね。こういうのはwwwね?ね?w


昇圧してないって言ったときの皆の顔ったらwww(ソコかい!!w)
Posted by  シュウ  at 2011年06月07日 13:22
◆シュウさん
>しーませーんw折角お気遣いいただいていたのに…汗

あれは、試した人だけが体感出来れば良いかな、と。
(^曲^


>よくアンプの歪みプラスだったら幾らでも良いエヘクタが在るって言われるじゃないですか〜?

これ、エフェクターの不出来がアンプのキャラに押されて見え難くなってる…ってだけの事だと思いますよ。
やっぱTSをマーシャルにつないでもピンと来ないですもん。
確実に「アンプの性能を殺さない」エフェクターってのは別で存在しますよ。
で、ここんとこのOD Ltd.や3chODはまさにその範囲のエフェクターって事ですね。
ほら、アタシなんかケンタでも「回路臭ぇ〜!(-"-;」って言ってた訳ですからねぇ。
あれは結局アンプの性能を殺しちゃった結果ですもん。
┐(´ー`)┌


>昇圧してないって言ったときの皆の顔ったらwww(ソコかい!!w)

あははは〜。確かにあれは驚いた!(^o^
ま、12V突っ込んだら更に良かったんで納得でしたけどね。
あ、でも、3chOD飛ばしちゃった時、9Vで試してましたけど、何も違和感無かったですねぇ。
OD Ltd.も育った?(^o^;
Posted by  Sam@管理人  at 2011年06月07日 14:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

Eメールアドレス: 

ホームページアドレス: 

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を「半角」で入力してください。

   
この記事へのトラックバックURL:
http://blog.sakura.ne.jp/tb/45762885

※管理者が承認したトラックバックのみ表示されます。


この記事へのトラックバック: