2010年08月17日

 無鉛銀入り銅含ハンダ(音源付き)

 
まだ音源付きインプレ、続きます!(^m^

さて、前回で「続・My Gibsons」は終了しました。
今回は、オケは同じですけど、ハンダの違いで音がどれだけ変わるか…
を比べてみます。マニアックですねぇ〜。(^ ^
しかも、今回はヴィンテージハンダではなく、現行の環境や人体に配慮した、
「無鉛銀入り銅含ハンダ」です。
 
  
使用機材一覧…
ちょっとしか違わないけど、書いときますか。(^o^;

・アンプ:マーシャル '79 JMP2203改
・ギター:Ingrid
・ペダル:shigemori RUBY STONE PREMIUM
・ケーブル:Live Line、CAEパッチケーブル
・パッチケーブル用ハンダ:Dayton、Felder、Kester Lead Free、Cardas
・収録マイク:SHURE SM57、E/V RE20、RODE Classic、NT-2
・マイクアンプ:DRAWMER 1960、AMEK 9098DMA
・ドラム音源:FXpansion BFD
・ベース音源:Steinberg HyperSonic
・収録DAW:Steinberg Cubase SX3(Windows base)
・アンプ用電源:中村製作所 Live MIT-600
・DAW/HA周り用電源:SHINANO HSR-510



そう、同じケーブル素材で、ハンダを違えて作った物を4本用意しました。
ギター→Live Lineケーブル→RUBY STONE PREMIUM→パッチ→アンプ…
この、「パッチ」の所を替えただけ…

音変わるかぁ?ギターが同じなんだから、前回まで程の違いは出ないでしょ?
と普通誰もが思いますよね?
さぁ、果たしてどうなったか…
(^m^

ま、百聞は一見に如かず。
聴いてみてください。
あ、今回は一度で3曲12パターンをお聴かせしちゃいますんで、長いですよ。
(^o^;


●Backstreet_Dayton



●Backstreet_Felder



●Backstreet_Kester



●Backstreet_Cardas





●Welcome_Dayton



●Welcome_Felder



●Welcome_Kester



●Welcome_Cardas





●Satellite_Dayton



●Satellite_Felder



●Satellite_Kester



●Satellite_Cardas





お疲れさまでした。(^ ^
今回も1曲ずつの方が良かったですかね?

どうですか?これだけ変わるって事です。
しかも、やっぱりフロントの方が違いがハッキリ出てますよね?
言い換えれば、リアはある程度誤摩化しが効く。
フロントは誤摩化しが効き難いって事でしょうか…
だって、フロントのPU位置って、弦振動の一番複雑に倍音が出てる所を
狙ってるんですもん。
ん〜、シビアだわ。(^o^;


◆デイトン
太い!
って印象ですかねぇ?
実際に聴いてる分には一番ドンシャリに感じてたんですが…
(^ ^;

◆フェルダー
デイトンに比べて大人しくなった感じですか?
だからってロスしてる訳ではないですけどね。
デイトンがパワフル過ぎるのか…
今まではこれが一番太い印象だったんですが。(^ ^;
でも、ロックな印象ではありますね。

◆ケスター
フェルダーよりデイトンに近い感じでしょうか…
実際に聴いてる分には、これが一番ナチュラル、ニュートラルに感じてました。
(^o^;
ハイエンドが豊かでカラカラ言う感じがあって、
それがヴィンテージっぽくも感じられて、
個人的にはヴィンテージ4穴マーシャルのリンクケーブルに使うのが
お気に入り。(^ ^

◆カルダス
ギブソンを弾いてて何ですが、フェンダーっぽい。
他と比べてローは幾分スッキリ。
LPがPG仕様のVになったような音って言った方が早いかな?(^m^
イングリッドは元々ヴィンテージLPの「ニャーニャー」言う感じはちゃんとあるので、カルダスにしちゃうとそのニャーニャーが過ぎるって感じですね。
現行LPを何も弄らず、モッサリした音のまま弾いてる人には、ニャーニャーが上手く出てヴィンテージLPの気分に浸れるんじゃ?
(^m^
カルダスはフェンダーシングルの美味しいピークと、ダラしないローに
ぴったりハマりそうに思います。(^ ^
それはまたの機会にフェンダーシングル+フェンダーアンプでやってみます。
これは、録れ音と実際に聴いてるのとあんまり印象が変わらないなぁ。
不思議だ。(^o^;


今回はレスポールとマーシャルで試したのでこんな印象でしたが、
これギターやアンプが変わればまた印象は違って来るでしょうね。
(^ ^

とは言え…
テイク上げるの楽だからって理由で、全部イングリッドで弾いちゃったんで、
どれも良い音の範疇だとは思います…( ̄▽ ̄;) 軽く自画自賛
これ、リイシューだと、気持ち良いのと良く無いの、
ハッキリしたかも知れません。
でも、ブサイクな音アップしてもしょーがないんでね。(^m^



で、更にここから「考察」なんて事もしちゃおうかと思うんですが…(^曲^

エフェクターを比較的たくさん使う人は、パッチケーブルも今回みたいに
1本じゃないですよね?
同じハンダで作ったパッチを何本か使ってみたら、
どこかの帯域がピーキーになっちゃった。
とか、
どこかの帯域が物足りなくなっちゃった。
…なんて事も出て来ると思います。
それを他のハンダで作ったパッチ1、2本で調整してみる…とか。(^ ^

この4本の中でも、個性的に感じるのもあれば、ニュートラルに感じるのも
きっとあると思います。世間一般的に言ったらどれもニュートラルなはず
なんですが…
で、ニュートラルだと感じるもので全体を作っといて、どっか1カ所
個性的と感じるものを入れて一捻りを出す…とか。(^ ^


アタシも今、リハへこの4本持ってっていろいろ試行錯誤してる所です。
今回の録れ音は、良い参考になりそうです。(^ ^
今まで一番ローが出てるのはフェルダーだと思ってましたから。
次のリハで、デイトンに替えてみようと思います。v(^ ^)v


さてさて、今回は随分とマニアックな所まで掘り下げました。
で…
次回は、いよいよフェンダーです!\(^o^)/
「銀パネマスター無し」って中途半端な時期のフェンダーツインリバーヴで
手持ちのフェンダーギター3本弾きました!
オケもフェンダー用にちゃんと打ち込んで。(^ ^;

でも、まだギター入れるのに最低限必要なパートしか打ち込んでないんで、
残り(つってもクラビだけ)を打ち込んで、更にドラム音源がBFDなんで
ドラムトラックからTDしなきゃならなくて…
それが済んでからのアップになります。(^ ^;

やっぱインプレ用に簡単高音質なドラム音源あった方が良いかなぁ?
ぇ?( ̄▽ ̄;) 仕事で必要なソフトシンセもまだ買えてないのにぃ?

実家スタジオへ行けるタイミングでは、
次回まで2、3日空いちゃうかも知れませんね。(^o^;
 
Posted by  Sam  at 00:36  | Comment ( 6 ) | TrackBack ( 0 ) | ハンダ
この記事へのコメント
やっぱりKester Lead Freeいいですね。
私も試してみよう。
フェルダーのにじむ感じナッソーに似てますね。
単体で聞いてると気持ちいいんだけど、
2本ギターやバリバリ打ち込みサウンドだと
ハイばかりが残る、3ピースバンドとかだと
じょあじょあいって気持ちいいですね。
Posted by  うし  at 2010年08月18日 00:10
◆うしさん
>やっぱりKester Lead Freeいいですね。

やっぱケスターは、無鉛銀入りになろうが、ギターって意味ではニュートラルなんですね。
不思議…
(^ ^;


>フェルダーのにじむ感じナッソーに似てますね。

なるほど。
ナッソーはまだこの間NOS STに使ってみたのが初めてなんで、良く聴いてみます。
(^o^;
でも、ナッソー使って、NOSは随分良くなりました。


>3ピースバンドとかだと
>じょあじょあいって気持ちいいですね。

その辺がアタシの言う「ロックな感じ」って事なんでしょうかねぇ?
(^ ^;
でも、何かもっとローは出てた気がしてたんですけどねぇ。
(^o^;
Posted by  Sam@管理人  at 2010年08月18日 00:20
基本的に・・・どれも悪くは感じません・・・(大汗

となると、やっぱ好みになってくるんですかね??
いや、使う人の環境でさらに大きく変わってくる気がしますね。

ペダルを大量に使う人、直結に拘る人、デカい音しか出さない人、
逆に極力小音量で何とかしたい人・・・などなど。

うーん、自分のテレキャスで試したいなぁ。
LPよりも間違いなく化ける気はします・・・そもそも今、現状が宜しくないので(汗
Posted by  YASS  at 2010年08月18日 11:37
◆YASSさん
>基本的に・・・どれも悪くは感じません・・・(大汗

まぁ、一番大事な出口(アンプ)が良いですから。
(^m^
あ、YASSさんに気に入っていただいたキャビもね。
それに、ギターの特性、アンプの特性、何ひとつスポイルしないshigemoriが良いからでしょう。


>いや、使う人の環境でさらに大きく変わってくる気がしますね。

それは大いにありますね。
アタシのようにマーシャルをクリーンクランチで使うなら、腰高感を緩和出来るような物が良いでしょうし、フルアップで使うなら逆にトレブリーな方が芯が潰れないで済むでしょうし…
フェンダーアンプならアンプのコントロール自体でローはイヤっちゅー程出ますから、ローの出具合なんか気にせずハイエンドやピークの好みだけで選んでも構わないでしょうし。


>うーん、自分のテレキャスで試したいなぁ。
>LPよりも間違いなく化ける気はします・・・そもそも今、現状が宜しくないので(汗

ジャックの信号側を「テレキャス用」って謳い文句のどれかでやって、グランドを全部今回のケスターかカルダスでやると、ヌケも音色も良い方向に変わると思いますよ。
(^ ^

今晩(か明日)アップのフェンダー第1弾でテレとNOS STの音を聴いていただければ何となく分かっていただけるんじゃ?と思います。
両方共、どーしょもなかったですから。(^o^;
Posted by  Sam@管理人  at 2010年08月18日 18:07
スタジオの1960が良いから…www

それをいっちゃおしまいですが…w
ボクもケスターは音楽的って意味で好きです。
痛くないけどちゃんと出ているって意味で…出来の良いイコライザーみたいなw
しかし、どの商品も似た傾向になりますねぇ…面白いな〜!!

デイトンはドンシャリっすね〜♪、LPだからマホガニーの甘い部分をトップ材と共に補っているのかなって感じですね。
マーシャルには良いっすねぇ!!
十分ニュートラルな特性と思います。

カルダスは、70年代っぽく感じますね。
ローが抑えめで他のハンダとは違う意味でギターらしいw
意外とオケで絡むと分離が良くなるのかも…
Posted by  シュウ  at 2010年08月19日 13:38
◆シュウさん
>スタジオの1960が良いから…www
>それをいっちゃおしまいですが…w

シュウさんのツイード聴いた時も思いましたけど、
やっぱ「出口」が一番デカイって事ですよね。
いくらアッセン弄ろうがケーブルハンダ替えようが、
大元の「出音」が良くてこそ、ですもんね。
ここ↑無くしてチューニングはあり得ませんよ。
帯域整理なら出来ますけど、良い音にするのは難しいですよね。
┐(´ー`)┌


>出来の良いイコライザーみたいなw

あぁ〜、まさに!(^o^


>デイトンはドンシャリっすね〜♪、LPだからマホガニーの甘い部分をトップ材と共に補っているのかなって感じですね。
>マーシャルには良いっすねぇ!!

そうそう。
マーシャルとハムバッカーには良いですね。
ホント、改めてフェンダーシングルの方がローは出てるんだよなぁ〜って実感します。
(^ ^


>ローが抑えめで他のハンダとは違う意味でギターらしいw
>意外とオケで絡むと分離が良くなるのかも…

えぇ。
潰れて濁らないんで、オケ中でムダにEQしないで済みますね。
まぁでも、シングル専用な気もしますけど…
(^ ^;
Posted by  Sam@管理人  at 2010年08月19日 17:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

Eメールアドレス: 

ホームページアドレス: 

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を「半角」で入力してください。

   
この記事へのトラックバックURL:
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40181411

※管理者が承認したトラックバックのみ表示されます。


この記事へのトラックバック: