2009年10月28日

 電源ケーブル(音源無しインプレ)

 
PCの不具合で遅くなってしもた…(^o^;
 
  
電源ケーブル、ちょろっとですけど試してみました。
いや〜、参った。また新たな発見!
「メッキの音」ってのが確実にあるんですねぇ!(^o^;

試してみたのはこんな感じぃ。(^ ^

電源ケーブル3
電源ケーブル4
電源ケーブル5

左から、CAJ、今回買ったヤツ、ギャレット、モンスター。
それと写真には写ってませんけども、いわゆる「アキバケーブル」と。(^ ^
左から、クロームメッキ、真鍮(?)剥き出し、銅剥き出し、金メッキ。
メスの方までホスピタルグレード端子なのはギャレットだけ。
そこには特に意味は無いのかも。(^ ^;
CAJ、今回買ったヤツは、市販のIEC。モンスターは自社製オリジナル(?)。
こちらもメッキ、剥き出し具合は、オスの方と全く同じ。



CAJの赤くて細い線は、要らなくなったコンポのスピーカーケーブルのプラス線。
CAJはね、デフォルトでアースが結線されて無い!
これ買ったばかりの頃、これだけ他のケーブルよりノイズが多いなぁと思ってて、
何かの偶然でテスターあてたら反応なし。
バラしてみたら、案の定つながってなかった。
なので、自分で追加したんですのよ、奥さん!(^m^
これでもけっこうな値段取るんだよ。買わない方が良いね。(^曲^



音録ってないんで、客観冷静な事は言えませんけども、
ホスピタルグレードと一言で言っても、音は全然違いますねぇ。
線材の違いはレンジ分布の違いになって表れ、メッキの有無で特定のピークが
出来るかどうかの違いになりました。

マーシャルってアンプが元々持ってるピークとの相性って事なんでしょうけど、
メッキものはいやらしいピークが出来ちゃいましたねぇ。
トレブルのイヤな所に一山出来ちゃう…的な。(^ ^;
ゲリゲリ、ビチビチ…言葉で表すとそんな感じ?(^o^;;;
ゲリゲリからも想像出来るように、なんか汚い倍音。そんな感じ。
メッキなしのは、どれも自然で良い印象でした。

写真のように、線径がこんなに違いますけど、そこに"傾向"みたいなものは
特にありませんでしたねぇ。
単に被膜の厚みだったりするのかしらぁ?(^m^

勿論、好き嫌いもあるでしょうけど、メッキして無い方が音のグレードが
高い気がしました。
より自然で、一皮剥けた印象。
やっぱメッキが文字通り「一皮」になってるんでしょうか…
こりゃ、音源付きでインプレする時、マジでメッキ剥がしてみないとね!
それで良くなるなら、全部剥がすよ、アタシゃ!(^m^ プッ



そうそう、
ここんとこいつも98Vをすぐ手に取ってしまうんだけど、
LP2本でどうなるのか?の方がモノの素性は分りやすいって事で、結果的に98V、メアリー、イングリッドの3本で試してみる事になったんです。
が…
随分いろいろ手をかけて良い感じになったと思ってた98V、全然まだまだだったぁ〜。
ヽ(´▽`)ノ
まだまだってか、かなり背伸びしてる感じ…かな?
分不相応なくらいに頑張らせちゃいましたよ。(^o^;
それでも、いざ比べちゃうと足元にも及ばないもんなぁ。
何なんだろ?メアリー、イングリッドの次元の高さったら…
┐(´ー`)┌
これが"LP"って事なのか?
それともやっぱり"PAF"なのか?
とどのつまり"ヴィンテージ"って事なのか?
ん〜、やっぱライブで使いたいよなぁ〜、このグレードの音。
(^o^;;;
 
Posted by  Sam  at 01:59  | Comment ( 0 ) | TrackBack ( 0 ) | 電源周り系
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

Eメールアドレス: 

ホームページアドレス: 

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を「半角」で入力してください。

   
この記事へのトラックバックURL:
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33237744

※管理者が承認したトラックバックのみ表示されます。


この記事へのトラックバック: