2008年12月11日

 ハンダと諸々インプレ(音源付き)

 
はいはい、やりましたよぉ〜!\(^o^)/
音源付が久しぶりなのと、ネタが溜まってたのとで、今回は音源多いです。
14パターン、28音源。
ハンダのインプレのつもりが、ギターやアンプのインプレのようにも…(^o^;;; 汗々

オケネタは、アタシのオリジナル曲。「Zebra」。
ゲームのオープニング用に書いた曲のイントロ部分です。
元々ディストーションのパワーコード、クリーンの16カッティング、クリーンのスカンク
が入ってるので、そのアレンジをそのまま使いました。

ではスタートぉ!長いよぉ〜、ウザイよぉ〜。(^m^
 
  
まずはお約束の今回使用機材。

・アンプ:'76 Marshall 1987、'70 Fender Twin Reverb
・ギター:フライングV'98Ltd. 、LP イングリッド、'63 ST モニカ、'76 TE
・ケーブル:カナレ、Vital Audio、CAE
・収録マイク:SHURE SM57、RODE Classic、NT-2、AKG C451、460、E/V RE20
・マイクアンプ:DRAWMER 1960、AMEK 9098DMA
・ドラム音源:Alesis DM5(ショボッ!)
・ベース音源:Steinberg HyperSonic
・シンセ音源:Roland SC-88 Pro(ショボッ!2)
・収録DAW:Steinberg Cubase SX3(Windows base)
・アンプ用電源:中村製作所 Live MIT-600
・DAW周り用電源:SHINANO HSR-510


1987のセッティングは、Ch-1フル、Ch-2真上、ミドルフル、ベースフル、
トレブルとプレゼンスが真右な感じ。
ツインの方は、トレブル、ミドル、ベース共に3.5。プレゼンススイッチON。
Vol.が4。
どちらもアンプのセッティングは固定で、歪みはケンタで、
クリーンは手元のVol.とアーニーVol.ペダルで。


ではマーシャル部門。(^m^
今回はかなり微妙なので、オケありと、ギターだけ抜粋の2パターンを
載せときまっす。

●LP ケスター44銀








ここからしばらくは、パッチケーブルはFelder固定で、
ギターからのケーブルを比較。
信号線には現行ケスター44銀を使って、アース線に音源タイトルのハンダを使用。
アースって信号通って無いよねぇ?なのに音が変わるって言う…
オカルトだぁ。(^o^;;;

んでまぁ、初めはアタシの中で標準と位置付けた、現行ケスター44銀。
普通でしょ?この後出て来るのと比べると、平面的だし、
硬い、痛いって感じかな?


●LP ダッチ黒








アタシゃ未だにこれが一番好き。(^ ^
ちょっとハイが落ち着き過ぎな気もするけど、マーシャルなら問題なし。
濃いし、深い。


●LP ヴィンテージケスター44








以前、こればっかにして大失敗したヤツ。f(^-^; ポリポリ
でも、このくらいの使い方ならすごく効果的。
これはダッチ黒よりミッドの粘りがあるかなぁ?
後、ゲインアップする。アースに使おうが、この特性は変わらずなんだね。(^ ^;


●LP ClassicSolder3








これ一応、無鉛銀入り銅含ハンダなんだよね。(^o^;
でも、その良さが全然出て無いんだよねぇ。アタシには丸っきり魅力が無い。
パッチ用としても却下だもん。(^ ^;
音を聴いていただければお分かりの通り、デフォルメ、大人しい、な感じ。
積極的にハンダで音をどうこうって人が買うハンダじゃないね。
しかもあり得ないくらい高い。┐(´ー`)┌
資源の無駄遣いかなぁ。( ̄▽ ̄;)



はい、今度ここからは、上の「LP ダッチ黒」を基準に、ギターからのケーブルは
変えず、パッチケーブル1本のみを変えてみました。基準はFelderです。

●LP Cardas








これも買う時「たっけぇなぁ〜。┐(´ー`)┌」と思ったCardas。
でも、これはちゃんとこれにする意味があるので、高めではあるけど、
「ムカつかない」。(^m^
今回はLPで比べちゃったけど、フェンダーギターやフェンダーアンプとの相性は
非常に良いよん。(^ ^


●LP ケスターリードフリー








リードってのは鉛って事ね。フリーだから無鉛って事です。しかも銀入り。
銅は入ってない。でも、やっぱりケスターは押さえるトコ押さえてます。(^m^
これはハムでもシングルでも合う感じかなぁ?迷ったらこれって感じでしょ!

パッチケーブルはここまで。後他にもデイトンやAIMなんてのもあったけど、
「別に…」って感じだったので割愛。(^ ^;
あ、それでも、ClassicSolder3よりは、値段的にも結果も全然良いですよん。(^曲^


さて、ここからは、ギターの比較になっちゃうかなぁ。
ギターが変わるとどうなるか。
ここまでの結果を踏まえた上で、それぞれのギターに合いそうなケーブルを
チョイスして弾いてます。
アンプセッティングは勿論、同じパートのVol.ペダルの位置さえ弄ってません。
だから、ギター交換するのに、いちいちアンプのスタンバイ切って…
けっこう大変でした。(^o^;;;


●'98Ltd.V








まずは'98Ltd.V。同じハムでも、セラミックだと…?
ダッチ黒+Felderです。
PU自体のパワーがあるので、ちょっと前に出て来る感じはありますが、
色気や面白みはないですね。
セラミックだからか、ほぼ新品だからか…
弾いてて特に楽しくも無い感じでした。( ̄▽ ̄;)


●'63 ST








今度はシングル、しかもストラトのハーフトーン(M+F)だと?
途端にヤル気出ちゃうなぁ、この音。(^o^
あ、ディストーションはどのトラックもリア1発ですよん。
クリーンはミックスポジション使ってますけど。
ギターからのケーブルは、今まで出て来てないケスタースペシフィケーション。
パッチはFelderのまま。


●'76 TE








同じシングルでも、テレキャスだと?
ケーブル構成はストラトと同じ。
ん〜、これもヤル気の出る音だぁ〜。ヽ(´▽`)ノ
でもこれは、ハイパス咬んで無い。
ハイパス咬ませるとクリーン系はもっと良いんだよねぇ。
それはまた次回。(^m^



さてさて、ここからは4本のギターをツインで。
ツインのインプレかぁ?( ̄▽ ̄;) ダァ


●ストラト1








まずはストラト。リアとミッドのハーフトーンで。
ケーブルはスペシフィケーション+Cardas。
ハイの抜け方がマーシャルとは全然違いますねぇ。
シングルの持つ「チャッキン感」がより出るって言うか…
ちょっとまだ、ツインを使い切れてない感がありますねぇ。(^o^;


●ストラト2








PUポジションをミッド+フロントに変えただけ。
今回はこっちの方が扱い易かった。この音ならノレる。
でも、ツインは使い方も録り方も、要研究ですねぇ。(^ ^;


●テレキャス








マーシャルの時も良かったけど、テレキャス良いですねぇ!
アタシの中のテレキャス株、急上昇中!(^o^
早くハイパス付けて試したぁ〜い!ヽ(´▽`)ノ
ケーブルはスペシフィケーション+Cardas。


●V








今度はギブソンハンバッカーで。まずはセラミック。
ダッチ黒+Felder。
手元のVol.フルだとバシャバシャ落ち着きの無い音だったんで
ちょっと絞ったんだけど、アンプがクリーンセッティングなので、ハイの倍音が
丸っきり残らなかった…
ダッチ黒ってのもそれを助長した感じ?
歪みも、ハムだとあまり心地よく無いなぁ。
ん〜、要研究ですね。(^ ^;


●LP








Vに比べてまろやかな音色な分、もっとモグっちゃいましたねぇ。(^o^;
マーシャルはアンプを歪ませたセッティングだから、手元を絞ってもアンプ内に
ハイの倍音は残るんだけど、ツインはクリーンセッティングだからねぇ…
マーシャルでもクリーンセッティングにしたらギターの手元絞ればコモるもん。
ツインに関しては、出直してきます。( ̄▽ ̄;)


と、まぁ、こんな感じです。
いかがでしたでしょうか?何かの参考になりましたか?
アタシ自身は、データベースとして非常に有意義でしたが…(^o^;;;

って事で、次回はテレキャスのハイパスコンデンサでぇ〜す!
え?( ̄▽ ̄;)
 
Posted by  Sam  at 14:40  | Comment ( 6 ) | TrackBack ( 0 ) | ハンダ
この記事へのコメント
凄すぎるインプレ(ノ゚o゚)ノ

テレいい音ぢゃないっすかー。
しかも太い。
ハイパス楽しみっすね(*^o^*)
Posted by  じゃじゃjacky~  at 2008年12月11日 17:22
あらら…
PCウイルス退治しながらのアップ大変でしたね。

ん〜w
ボクはニュートラルって意味ではケスタ−44【で】いいやw
パッチケーブルの話じゃないですけどねw

ケーブルですと…
ビンテージケスターのロックっぽいサウンドが好きかな…

鉛フリーのケスターが思いのほか良かった!!
これ、良いじゃないですか!!!
国産の鉛フリーは味気がなくなってしまってますが…これは使えますね。


アンプ(ツイン)の方は、シングルとの相性は抜群ですね。
ハムだとどれもモグってしまうのは特性だから仕方ないのかも…
まだまだ研究の余地がありそうですね。

シングルは特にテレ…やっぱりちゃんとした?テレほすぅぃ!!!ヽ(´▽`)ノ
ま、デタッチャブルネックのギターだから寄せ集めで良いのかもしれませんがねwwwそう言う意味のちゃんとしたテレは欲しいなぁ…ビンテージじゃなくていいやw
部長におねだりしても…シェク●ーか(o^ O^)シ彡☆バンバン
ツインだからって訳じゃなく、テレの底力を感じますね。深いなぁ…
Posted by  シュウ  at 2008年12月11日 19:41
◆じゃじゃjacky~さん
じゃじゃって。(^m^


>凄すぎるインプレ(ノ゚o゚)ノ

って、数がでしょ?f(^-^; ポリポリ
作業って意味では大変だったけど、プレイはけっこう「やっつけ」気味で所々リズムの縦の線が合ってないしぃ…
(^o^;;; 汗々

テレねぇ、元々ハイパスだのをつける前提でか、
ストラトよりPUにパワーがある気がするんですよぉ。
んで、パワーがあると下が膨らむでしょ?
ハイパスついてないもんで、それで太く感じるのかもぉ。
だからハイパス付けると、また変わっちゃうでしょうね。(^ ^;
Posted by  Sam@管理人  at 2008年12月11日 22:26
◆シュウさん
えぇ、ウィルス退治しながら、騙し騙し全部やりました。
んで、先ほど、ウィルス、スパイウェアも全部駆除終わりました。v(^ ^


>ん〜w
>ボクはニュートラルって意味ではケスタ−44【で】いいやw

いや実際、ガッコで生徒のテレキャス弄った時も、ウチにセンセが来てテレキャス弄った時も、ケスター44はすごくニュートラルに感じましたよ。
「特にハンダなんかこだわるつもりはないんだけど、みんながハンダハンダ言うから何かやってみようかなぁ?」
って人でも、これ行っとけばまず問題ないでしょ。(^ ^
「ギターっぽい」ですよね。


>ビンテージケスターのロックっぽいサウンドが好きかな…

そうそう!
しかも70年代っぽい。(^o^
痛い目見た割りに、未だにこれは好きですねぇ。(^o^;
単純にカッコ良いと思います。


>国産の鉛フリーは味気がなくなってしまってますが…これは使えますね。

まさに、おっしゃる通り!
日本製が得意な分野じゃないですね。
オーディオ用、楽器用じゃなく、精密機械とかなら良いんでしょうけど・・・
アルミットがNASAに採用されたのだってオーディオ用じゃないですし。( ̄▽ ̄;)


>アンプ(ツイン)の方は、シングルとの相性は抜群ですね。

やっぱ同じ会社の製品ですもんね。(^ ^


>ハムだとどれもモグってしまうのは特性だから仕方ないのかも…
>まだまだ研究の余地がありそうですね。

真空管アンプって、やっぱちょっとドライブさせて使うのが一番美味しいのかも知れませんね。
真空管がドライブして「艶」にあたる部分の倍音が出て来るから聴いてて心地良いんでしょう、きっと。
だからツインと言えども、クランチセッティングで次は行ってみますよ。(^ ^;
そうすれば、リア+センターのハーフトーンがもっと太くなるでしょうしね。


>そう言う意味のちゃんとしたテレは欲しいなぁ…ビンテージじゃなくていいやw

そういう意味じゃ、値段で言っても「ジャパンヴィンテージ」良いんじゃないですかぁ?
(^ ^


>ツインだからって訳じゃなく、テレの底力を感じますね。深いなぁ…

ですねぇ。確かに深い。
やっぱメーカー1号機だけあって、製作者のいろんな想いが詰まってるんでしょう。
(^ ^
Posted by  Sam@管理人  at 2008年12月11日 22:42
Samさん、お疲れ様でした

通して聴くと年代が違ってもケスターはケスターの音を持ってるのが分かりますね
確かにケスター44銀は、ニュートラルっぽくて定番な感じですけど
個人的にはケスターリードフリーが好きかもぉ
アタックのニュアンスが良く出てるけどチリチリした感じがなくて
透明感もある、っていうか

あと、印象的だったのがダッチ黒
アタック太いなー、てか艶に深みがありますね
これって、ギター内部にワンポイントで使うと良いんじゃないかなぁ・と

テレとツインの音源いいなー
シャキっとしてて実に、らしさが出てますねぇ

よし、ケスターリードフリーとダッチ黒、買お
Posted by  Zoso  at 2008年12月11日 23:57
◆Zosoさん
ケスターは外さないわねぇ〜。(^ ^

あと、ダッチ黒、良いでしょ。(^m^
いろいろ試してみたけど、あの濃さと深さは他には無いのよねぇ。
別格というか格別というか…逆さまなだけじゃん。( ̄▽ ̄;)


>これって、ギター内部にワンポイントで使うと良いんじゃないかなぁ・と

そそそ。アウトジャックか、ギターからのケーブルか。
そんな所でしょうね。
これもたくさん使うとモケモケになっちゃいそうだし。(^ ^;

「好み」ってあるけど、ハンダに関しては、みなさん同じような所に落ち着くんじゃないかしらねぇ?

ツインは、クリーンでもあれだけハイが出てるので、クランチにすればもっと艶が出て来るかなぁ?と。
しかもコンプ感が出るから中低域も膨らんで、ヌケが良いのに太いって相反する事が両立出来るわね、きっと。
しばらくはツインの研究週間になりそ。(^o^;
Posted by  Sam@管理人  at 2008年12月12日 04:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

Eメールアドレス: 

ホームページアドレス: 

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を「半角」で入力してください。

   
この記事へのトラックバックURL:
http://blog.sakura.ne.jp/tb/24157251

※管理者が承認したトラックバックのみ表示されます。


この記事へのトラックバック: