2008年07月23日

 レスポール

 
19日のリハでは、ワウ以外にもメアリーも試してみた訳。
でも・・・
 
  
なんかモケちゃったんだわぁ。┐(´ー`)┌
ポットをダッチボーイ黒缶で付け直した直後は、Vol.トーンともにフルだと
痛かったものの、良い感じに思えてたんだけど…
やっぱVに感覚が慣れちゃったかなぁ…Vにしたら思った通りの
トーンが出たのよねぇ。(^ ^;

そうなっちゃうと、せっかく買ったアルニコマグネット、
Vに付けるの恐くなって来ちゃうわねぇ。
セラミックより絶対角は丸いと思うもの。

それとは別に、やっぱVol.のカーブ、足下を頻繁に切り替えるスタイル
じゃないと、Aカーブの方が使い易いわねぇ。
レスポールを使った時は、かなり演奏し易かった。
Vの方も、キャパシターを変えてVol.カーブも随分Aカーブっぽくは
なってたんだけど、ホントのAカーブはやっぱ違ったわ。(^ ^;
決定的に違うのは、Bカーブだと、クリーンになったかな?
と思った途端、それより先はすぐに音が消えちゃう事。
だから、クリーンにするのがけっこう大変。
一度ゼロにしてからちょっと戻した方が上手く行くくらいな感じ。
でも、それじゃ音楽の流れ止めちゃうもんねぇ。

ただねぇ、これも、Bカーブである程度なれちゃったのよねぇ、Vは。
┐(´ー`)┌


そそそ。
やっと、ちょっと時間に余裕が出来たんで、アーニーのVol.ペダルの
ハンダと必要なら信号線を変えてみようと思う。
単線+現行ケスター44でやってあるシュウさんの方がギターらしい
トーンのピークが出るのよね。下もモケないし。
アタシがやった撚り線+・・・ハンダは何だったか忘れちゃった(^o^;
は、下はモケるわ、美味しい倍音は出ないわで、同じ作業をしたのに
最悪な感じだったから。
で、シュウさんのをここ2回ばかしライブで使わせてもらって、
後ほんのちょっとだけ下がふくよかになると良いなぁと思ってた訳ね。
それなら、線材をシュウさんのと同じにして、ハンダをヴィンテージの
太めな音のに換えればOKなんじゃ?って。
じゃなければ、線材はアタシの今のままで、ハンダだけもっとしっかり中音
の出るのにすれば…と。

って事で、チビ達が寝静まってから作業開始ぃ〜!\(^o^)/
 
Posted by  Sam  at 01:20  | Comment ( 0 ) | TrackBack ( 0 ) | ギター
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

Eメールアドレス: 

ホームページアドレス: 

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を「半角」で入力してください。

   
この記事へのトラックバックURL:
http://blog.sakura.ne.jp/tb/17238990

※管理者が承認したトラックバックのみ表示されます。


この記事へのトラックバック: